婦人

行政書士の資格は持っておくと将来有望|魅力的な資格

だれでも受験できます

SKILL

取得のメリット

行政書士は個人開業業務の場合、定年によって退職をせまられることはありません。もちろん、より良い企画等に参加したい場合は、廃業することもできます。また、欠格要件に該当していなければ、受験資格に制限もないため、子供から高齢者まで挑戦できる資格です。そのため、10代で行政書士資格を取得した人もいます。登録されている行政書士の会員数は、弁護士のように、都市偏在があるとは言い切れません。その理由は、行政書士の場合、地域によって開業しても稼げないという業務ばかりではないからです。公共工事や人口が少ない地域に事務所を構えても、インターネット等を使って営業ができれば、日本中から仕事が舞い込むこともあります。また、役所まで遠い地域をあえて選んで開業すれば、その周辺の便利屋を兼ねて、当該地域の業務を独占できる場合もあります。とくに女性は開業した場合、細やかな心遣いや丁寧さが、この職業に向いているといわれますが、もちろん男性向きの業務もあります。行政書士業務は、丁寧な書類作成と、そのための相談やアドバイスが欠かせません。男女関係なく丁寧な業務を行える人には最適な職種といえます。また、依頼に迅速に対応する救急救命士的な存在として、活躍できる仕事です。法人化により、男女ともに常勤する行政書士事務所とするメリットもあります。また、女性のみの法人、男性のみの法人とするメリットも存在します。仕事や家庭、遊びなどを上手くこなして、行政書士資格に合格した人は、開業してからも、その経験を活かせる人といえます。