婦人

行政書士の資格は持っておくと将来有望|魅力的な資格

3ヶ月の短期集中

勉強する人達

過去問を優先的に

行政書士の資格をとる場合、学習期間がどのくらい必要かは個人によって異なります。3ヶ月の短期集中プランの場合、この期間は、できるだけ受験勉強を優先した時間配分ができる人向きです。詰め込み方式の学習もしながら、模擬試験等で理解度をチェックしながら、まとめも行うという状況になります。行政書士資格の学習も仕事と同じようにこなしていけるなら、サラリーマンに向いているともいえます。とくにサラリーマンは、仕事に集中するのと同じように、この3ヶ月間は行政書士の学習を集中して詰め込み、過去問をより多く解くという期間になります。学生も、夏期から学習を始められるため、資格取得のための時間をとれる夏休みに集中して、詰め込みの期間を過ごせます。主婦は、夏休みで子供が自宅にいる時間が増えがちです。しかし、子供がプールに行っている時期などを利用したり、子供といっしょに理科や算数の番組を見ることも方法の1つです。3ヶ月の資格取得の短期集中プランを独学で行う場合、8月は過去問をできる限り解きます。そして、テキストを何冊も読まずに、まとまっているものを法令で1冊、一般知識等で1冊選んで、書き込みはそれらにしかしない方法が効果的です。9月になると、一度は必ず模試を受ける必要があります。市販の行政書士の試験問題集を買ってきてやるなら、本試験と同じ日曜の午後の同じ時間に行うのが効果的です。10月以降は、新たにテキストを購入することはせずに、書き込んできた1冊を見直しながら、過去問をできるだけ多く解きます。