レディ

行政書士の資格は持っておくと将来有望|魅力的な資格

SKILL

だれでも受験できます

行政書士は受験資格に制限がなく、そのうえ永久ライセンスとなっています。また行政書士は、日本中で開業でき、当該地域の業務を独占できることもあります。そして女性も実力を発揮しやすいため、多くの人が挑戦している資格です。

勉強する人達

3ヶ月の短期集中

行政書士の資格試験までの準備期間は人それぞれですが、3ヶ月の短期集中プランも可能です。この場合、詰め込み学習と並行して、過去問を多く解くことが重要です。その後は模擬試験を受けて、雰囲気をつかむことが有効になります。

業務内容と魅力

法律書

年齢や学歴を問わない試験

行政書士とは、役所に提出する義務がある書類などを個人や企業に代わって作成し、提出することのできる法律を扱う国家資格です。行政書士の仕事は広範囲に渡るため分かりにくいと思われがちですが、大きく分けると、書類作成業務、相談業務、書類手続き代理業務、契約書等作成代理業務の4つが主な仕事です。行政書士の資格は年齢や学歴を問わず受験できるところも大きな魅力の1つでもあります。資格取得のためには、年に1度の行政書士の試験を受けて合格しなければなりません。そして、行政書士の連合会に登録し、初めて行政書士を名乗ることができます。この試験はかなり難易度が高いものとなっています。初めて受験を考える方は、法律の内容を理解することと、出てくる法律の専門用語が難しく感じるかもしれません。独学の場合、合格へのハードルは高いものとなるでしょう。試験の範囲は広くかなり難しいとされていますが、行政書士の資格はやりがいもあり、将来性もあるので人気があります。また、法律事務所なども働き口ですが、法律を学んでいるので一般企業でも就職に有利になり、もちろん転職の際もアピールすることができます。自分だけの専門分野を見つけて独立開業することも可能です。行政書士の資格を持っている人にしか扱えない仕事がある(独占業務)こともこの資格の強みです。行政書士の仕事は世の中の情勢と共に変化し、広がっていきます。相続や高齢化、外国人労働者など、先を見通し、その変化に対応していく力を身につければ将来性は十分にある資格ではないでしょうか。

勉強道具

法令科目の説明

行政書士試験では、10科目の法令科目があります。これらの法律では、公法と私法の2つに区分されます。そして、この2つにまたがっているのが基礎法学です。資格取得のために勉強する場合の優先順位としては、憲法の次に民法を学ぶのが得策です。